ボルダリングシューズの選び方

ボルダリングに唯一絶対に欠かせない道具。

それは……

そう!シューズです。

まずは、レンタルで試しましょう。

images

クライミングシューズはいろいろな形状がります。

大きく分けて、「紐締め」「ベルクロ留め」「スリッパ」の3種類があります。

通常、レンタルシューズは「ベルクロ留め」が一般的です。

imgres-1

各種類の特徴は、別の機会に譲って、

ここでは、一番重要なサイズについてみていきましょう。

初めての人は無理をしない程度にきつめのサイズをまず

ジムに行ってシューズをレンタルしようとすると、

たいていは、スタッフの人にきつめのサイズを薦められます。

これには、わけがあります。

登っていくときに、時には、小さなホールドにも足を乗せることがあります。

こういうとき、足の指が曲がっているほうが、力が入りやすいからです。

うまくなっていくと、小さなホールドじゃなくても、

「つま先立ち」が基本になります。

つま先立ちを常に行うので、すべての足の指が曲がるくらいのシューズを薦められるのです。

しかし

初めての場合は、通常の靴より、ちょっときつめ。

ぐらいを選ぶようにしたほうが、無難です。

ちょうど、つま先がシューズに当たる程度で十分だと思います。

なぜなら、

初めから、クライミングシューズに足がなれている人なんか、まずいないですし、

“登る楽しさ”を味わう前に、足が痛くて、痛くて、それどころではない!

ということに、なりかねないからです。

足が痛くて、せっかくのやる気がなくなってしまうほうが、もったいないです。

いろいろ試してみましょう。

たいていのジムは、サイズチェンジを快く引き受けてくれます。

上記のように、サイズを選んで、のぼり始めた後で、

もう少し、きつめでも大丈夫そうであれば、途中から、

ワンサイズきつめに履きなおしても良いと思います。

逆に、かなり痛い!と感じるなら、

ワンサイズ大き目に履きなおしても良いでしょう。

まずは、登ることを存分に楽しみましょう!

ボルダリングが、楽しくなってきて、2回、3回と続けていくなかで、

いろいろ試してみて、感覚をつかんでいけばいいと思います。

1つにこだわらず色々なサイズのシューズを履いて試してみましょう!

(簡単な注意)
僕も、始めのころはそうだったんですが、いろいろ試そうと思っても、
自分の履いていたシューズのサイズを忘れていました w
今日はどのサイズを履いたか。携帯にでもメモをとることをおススメします!