正対ムーブのコツと基本姿勢|今さら聞けないボルダリングのテクニック

正対ムーブについて。
これらはボルダリングの超基本姿勢で、
絶対におさえておきたい必須テクニックです。

ポイントは
「どれだけパワーをセーブできるか、楽に登れるか。」です。

そんなこと言われなくてもわかってるよ!

と思う方も多いと思いますが、知っている人は復習に、
知らない人はぜひここでしっかりと頭に叩き込みましょう!

ボルダリングの基本姿勢・正対のコツとポイント

ひじは必ず伸ばしましょう。

初めての人はひじを曲げてつい登りがちですが、
ひじを曲げて登ってしまうと、前腕に力が入りすぎて、
すぐに腕の力がなくなってしまいます。

ひじは必ず伸ばして力を抜きましょう!
こうすることで、腕に無駄な力が入らず、
パワーをセーブしながら最低限の力で登ることができます。

最低限の力で登れるってことは、
それだけ登る時間が増えるので、結果として上達の近道になりますよ。

腰はできるだけ壁に近づけましょう。

腰が外にでてしまうと、
自然とひじも曲がってしまって手でホールドを強く握ってしまいます。
足はフットホールドに突っ張ってしまい、フォームが崩れてしまいます。
(へっぴり腰な感じです。)

腰はできるだけ壁に近づけましょう!
腰を壁に近づけると、体重を足にしっかり乗せることができ、
腕にかかる負荷を軽減させることができます。

そして足に体重が乗れば、遠いホールドも取りやすくなりますし、
細かいフットホールドにもしっかり乗れるので、足がキレにくくなります。

ホールドをとったら、指でひっかけるようなイメージで。

ついついホールドを強く握ってしまいますが、
ホールドをとったら、手首は曲げず、指でひっかけるようにしましょう。
鉄棒とかにぶら下がるときのようなイメージです。
指・腕には余計な力は加えず、自分の体重でホールドにひっかかるだけ。

そうするためには、ひじを伸ばさないとできません。

もちろんホールドの形状によってはその限りではありません。
ですが、基本的には手でホールドを握るのではなく引っかける!です。

ムーブに入ったら、あごは引いてちょっとだけ下を向く

次のホールドを探すときは、あごを上げて探しますよね。
それでオッケーなんですが、いざムーブを起こすときは、
あごは引いて、ちょっとだけ下を向きましょう。

あごを上げたまま頭を後ろに反らせてしまうと、
バランスが崩れて遠くのホールドなどが取りにくくなります。

もう少し詳しく説明すると、
ホールドを取ろうと片手を離した瞬間、体が壁から離れてしまい、
ホールドとの距離が長くなってしまいます。

もし、ホールドには触れているんだけど、あとちょっと届かない!
なんてときは、ホールドを取りに行くとき、あごを引いて、
ちょっとだけ下を向いてホールドを取りに行けば解決できるかもしれませんよ。

おさらい!正対ムーブ・基本姿勢のポイント

  • ひじは伸ばして力を抜く(リラックス)
  • 腰を壁に近づける
  • 指でホールドにひっかけるイメージで
  • 登り始めたらあごは引いてやや下を向く

これらのポイントは、ボルダリングの超基本ですが、
基本故に非常に大事なことです。
ボルダリングを始めた直後から、すぐに意識しておきたいです。
そうすれば、自然とこれらのポイントを体が覚えて、
常にきれいなムーブで登れます。

うまいクライマーの動きをよく見て、
いいところはどんどん取り入れていきたいですね。

合せて読みたいクライミング記事