クライミングが上達しない人のためのアニメで初心にかえるスランプ脱出法

クライミング・ボルダリングに限らず、どんなスポーツでも上達がストップしてしまういわゆる「スランプ」のような状態に誰しも陥った経験はあるはずです。筆者自身も、何度も上達しないスランプの壁にぶち当たりました。

スランプに陥ったり、つまらなくなれば、仕事でもスポーツでも、よく「初心にかえるんだ!」とか「原点回帰」とか言われますよね。ですが正直誰だって心の中では思っているはずだしわかっているはずです。ただ「初心にかえる」という言葉が抽象的で、いまいち心に響かないだけだと思います。

どうすれば具体的に「初心にかえる」ことができるのか。そしてスランプを脱出できるのか。筆者個人の経験をもとに、初心にかえる方法を解説したいと思います。

初心に帰る=リアルに思い出すこと

私の中で初心は「クライミング・ボルダリングに出会って、ホールドを触り、登ることが楽しくて仕方なく、日に日に上達していた期間」だと思います。その期間、ジムに行く毎日に感動があって、向上心がありました。

ですが、日が経つにつれクライミングが自分の生活に溶け込み、クライミングをすることが当たり前になりました。そうなるとなかなか初心の感動をリアルに思い起こすことができません。

初心に帰るために重要なのは、どうすれば初心の期間の感動やモチベーションをリアルに思い出せるかだと思います。抽象的な初心に帰るという言葉自体には全く力はありませんでした。

アニメで初心にかえるキッカケをつかむ!!

2015-04-13_111458

私はアニメ好きで、よくアニメを見るんですが、少し前からスポーツ漫画がアニメ化されてTVでやっていました。

個人的ですが、その中でも、テニスが題材の「ベイビーステップ」、ロードレースが題材の「弱虫ペダル」、バレーボールが題材の「ハイキュー!!」を見て、初心をリアルに思い出し、モチベーションが大きく向上した経験があります。

3つの作品の共通点は、スポーツに出会った過程が描かれていて、時に悩みもがきながらも楽しくスポーツに打ち込んでいる姿が描写されている点です。3つの作品を見ながら、「あぁ、俺もクライミングを楽しくやってたな。」とリアルに初心の感情がふつふつと思い起こされました。

なぜこれらの作品に初心にかえるきっかけになるのか、それは映像の持つ力のせいだと思います。

文章は目だけでしか感じられませんが、映像は、視覚と聴覚に訴えるので脳に与える情報量が多いです。文章よりも強く自分の心を動かします。(文章が持つ力ももちろんありますが)

それぞれのアニメ作品の主人公やキャラに感情移入して、いつの間にかクライミングをしている自分に投影してしまい、より初心の感情をリアルに思い出すことができます。

3作品の作品紹介!

2015-04-13_110458

ベイビーステップあらすじ

丸尾栄一郎は、運動不足を解消するため、南テニスクラブの無料体験に参加する。そこで同じ高校に通う鷹崎奈津と出会い、彼女との会話を通じて本格的にテニスを始めるようになる。栄一郎は「全てのボールに追いつき、それをコントロールできれば理論的には負けない」という言葉を信条に、プロを目指して日夜テニスに打ち込む。

主人公の丸尾栄一郎は、まったく運動経験もありませんが、テニスに出会って短期間でプロを目指そうと決意します。主人公の圧倒的な努力量にはサボり気味だったあなたのクライミングへの姿勢にも喝を入れてくれます(笑)

 

2015-04-13_110350

弱虫ペダルあらすじ

千葉県立総北高等学校の新入生、小野田坂道はアニメやゲームや秋葉原を愛するオタクである。中学時代にオタクの友達ができなかった彼は高校でアニメ・漫画研究部に入ろうとするが、部員数減少のため活動休止中であると知り意気消沈する。一方、同じく新入生で、中学時代に自転車競技で活躍していた今泉俊輔はトレーニング中、学校の裏に有る斜度20パーセントを超える激坂をママチャリで、しかも歌いながら登坂する小野田坂道を目撃する。

自転車って楽しい!と思わせてくれます。私は主人公の自転車に対する楽しさをクライミングに置き換えて見ていました。楽しいから努力ができるんだなと痛感させられました。

 

2015-04-13_110556

ハイキュー!あらすじ

バレーボールで「小さな巨人」を目指す日向翔陽は、中学最初で最後の公式戦で、「コート上の王様」と呼ばれる天才・影山飛雄に惨敗する。しかし新たな目標を見つけた日向は、影山にリベンジするべく、烏野高校で引き続きバレー部に入部する。しかし烏野の体育館には、その影山の姿があった。

ハイキューの主人公も背が小さいです。筆者自身、背が小さいからもありますが、身長のハンデを長所に変えてバレーボールに取り組む主人公の姿に、強く自分のクライミングスタイルを重ねてしまいました。「クライミングはリーチじゃない!」と開き直れるきっかけになります。

だまされたと思って、アニメの力を試してみて

初心にかえるきっかけとして、私はアニメをおすすめしましたが、初心の帰り方はひとそれぞれだと思います。ですが、初心に帰ることがイマイチぴんとこない人がいれば、上記の3作品を一つでも見て欲しいです。クライミングをはじめたフレッシュな感情を少しでも刺激し思い起こしてくれます。

アニメというきっかけでも、日々のクライミングライフの刺激に繋がり、クライミングに対する姿勢も変わり、あなたの上達の手助けになると思います。

 

 

合せて読みたいクライミング記事