クライミングはスポーツです|初心者が陥る怪我の危険と防止について

近年のクライミング(ボルダリング)ブームのおかげで、新しいクライミングジムやボルダリングジムが色んな地域に続々とオープンしていますね。それに伴って、クライマーの人口もめまぐるしく増加しています。筆者自身もこのことを本当に嬉しく思いますし、これからのクライミングの未来も明るいなと思う今日この頃です

ですが、新たにクライミング(ボルダリング)を始める人が増えるにつれて、クラミング・ボルダリングの持つ危険性が徐々に薄れていっているように思えます。スポーツジムで怪我をする人はあまりいませんが、それと同じ感覚で「自分もクライミングジムで怪我をするはずがない。」と思っている方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

クライミングをスポーツとして取り組んでいますか?

クライミング・ボルダリングでの安全な落ち方・着地

2015-02-16_021942

クライミングジムでは厚いマットを敷いて、ジムスタッフも安全には深く配慮をしています。壁に登っていてフォールしても、怪我をする確率はかなり低いでしょう。ですが、少し登れるようになった初心者の方で、たまに危険な態勢での落下や無茶な登り方をする人が少なからずいると思います。言い換えれば、あなた自身で怪我を招いているのではないしょうか。

危険な態勢での落下はやめましょう。常に「この状態で落下したらどういう態勢になるだろう。」と思いましょう。あなたばかりか、周りのクライマーに怪我をさせる危険もあります。そして、マットと壁の隙間や、マットとマットの間に足を入れてしまったら、最悪の場合骨折する危険だってあります。落下の際は、安全な態勢で、安全な位置に落ちるようにしましょう。ルーフ時には人の行き来があるかもしれません。充分に周り注意しながら登りましょう。

海外の動画ですが、安全な落ち方の説明をしています。かなり詳しく説明しています。

まずはウォーミングアップ、登り終えたらクールダウン

2015-02-16_022039

そして、充分なストレッチやウォーミングアップをせず、ジムにきていきなりフルスロットルで登りたい課題を登っていませんか?

あなたの学生時代での部活を思い出してみてください。筆者自身、高校時代ラグビー部でしたが、練習前には声を出して準備運動を行い、軽いウォーミングアップで体が温まってからスクラムの練習やタックルの練習、モールやラックの本格的練習に移ります。

準備運動・ストレッチ・ウォーミングアップを行わずに自分の登りたいと思っている強度の高い課題に打ち込んでいませんか?充分に温まっていない筋肉は硬くこわばっています。怪我のしやすい状態です。

落下して足を捻挫する・指がパキる・過度なキョンでひざを痛める・上腕に刺すような痛みを感じる・・・などなど、クライミングにまつわる怪我は数知れずですが、クライミングは他のスポーツよりも身体にかかる負担は大きく怪我もしやすいスポーツです。登る前のウォーミングアップを充分に行わずにクライミングを行えば、怪我をする可能性も増えるばかりか、自身のパフォーマンスも発揮できず、上達の道も遠のくばかりです。

クライミングをスポーツとして取り組めばもっと楽しくなる!上手くなる!

私にとっても、この記事を読んでいるクライマーの方も、クライミングは我々のライフスタイルなので、クライミングは生活の一部だと思います。クライミングが自身の生活や人格を豊かにする!そう私は思います。肩が痛くなろうが、手首が痛かろうが、指が痛かろうが、たまに日常生活に支障をきたすことになろうが、それでもクライミングはやめられないんです。

そんなクライミングだからこそ、「スポーツとして真剣に取り組む」必要性が大いにあるんだと思います。そうすれば、防げる怪我も多い。上達もしやすい。私自身断言できる答えです。

この記事によって、1人でもクライマーの怪我が防止できれば・・・めっちゃ嬉しいです!さぁ、今日も楽しくクライミングライフを満喫しましょう!

合せて読みたいクライミング記事