ボルダリングのインサイドフラッギング講座|コツと動画を解説

インサイドフラッギングはクライミングのムーブの中でも特に安定感のある高等テクニックと言えます。体や顔を横に向ける必要がある場合もあり、最も体のひねりをを必要とするムーブです。ダイアゴナル・アウトサイドフラッギングと比べ一般的ではないムーブですし、みなさんも「このムーブ使いにくいんだよなぁ。」と思ったことがあるのではないでしょうか?

インサイドフラッギングを使うタイミング・使うメリット

2014-08-06_190125

インサイドフラッギングを使うタイミング

  • ホールドを取った時、すぐに足の踏み替えが必要な時
  • フットホールドが低い位置にあり、アウトサイドフラッギングが使えない時
  • そのままのフットホールドではバランスが悪く、正対で行くとデッド気味になってしまう

インサイドフラッギングを使うメリット

  • アウトサイドフラッギングよりも安定感が増す。
  • 足の踏み替えが省略され、体力が温存できる。
  • 抜群の安定感を利用して、レストを行える。

非常にメリットの大きいムーブですが、使うタイミングと、正しいインサイドフラッギングの方法を熟知することで初めてその真価は発揮されます。

クライミングにおけるインサイドフラッギングのコツと方法

2014-08-06_185902
  • 出す手と同じ側の足を内側から壁に差し込む。
  • 両手で引きつけて、ホールドにのっている足を立ちこむと共に手を出す。
  • 内側に出している足は、アウトサイド部分(小指側)で壁を押して安定感をつける。

馴れるまでは、非常にとっつきにくいムーブだと思います。なので、何度も何度も反復練習を重ねてムーブを習得すると同時に、いつでもインサイドフラッギングを意識して課題に取り組んでいきましょう。

インサイドフラッギングの練習を加速させる動画まとめ


F-STYLEさんの動画で、プロクライマーの杉田雅俊さんが解説されています。インサイドフラッギングは足の踏み替えを省略できるムーブの側面でわかりやすく解説されています。

海外のムーブ解説動画です。インサイドフラッギングとアウトサイドフラッギングを使い分けて登っています。失敗ムーブと成功ムーブの比較があり、かなり丁寧に解説されていますので何度も見て練習しましょう。

こちらも海外の動画です。インサイドフラッギング・アウトサイドフラッギング・キョンを動画で見ることができます。非常にムーブがきれいなので、お手本として参考にしやすい動画です。

 

合せて読みたいクライミング記事