ボルダリングのアウトサイドフラッギング講座|コツと動画を解説

アウトサイドフラッギングはカウンターバランスのひとつで、足を内側から外側に、旗のようにたなびかせるクライミングのムーブテクニックです。アウトサイドフラッギングをうまく活用すると、
「あ、この人クライマーっぽい!」と思われるいわばクライマーがここぞという時に使うムーブと言えます。

アウトサイドフラッギングを使用するメリットは以下の通りです。

  • 小さい動きでバランスが取れる。
  • 体が壁に離される(体の回転)のを防ぐ。
  • スメアしている足を振ることによって、勢いをつけれる。(サイファー)

うまくアウトサイドフラッギングを多様すれば、バランスを取りながら次の1手を確実に取ることができますし、応用して足を振り子のように振り、その推進力で遠くのホールドを取ることもできます。

クライミングでのアウトサイドフラッギングのコツと方法

  • ホールドを持っている腕は必ず伸ばす。
  • ホールドを取る手と同じ側の足を外側に投げ出してスメアする。
  • スメアリングはしっかりと行う。(壁に足をしっかり付ける。)
  • 腰はしっかりと落とす。
  • サイファーを行う場合、スメアしている足をしっかりと蹴りだす。

ダイアゴナルも同じカウンターバランスですが、ダイアゴナルは右手でホールドを取る時は同じ側の右足をホールドにのせています。しかし、アウトサイドフラッギングは右手でホールドを取る時は、逆側の左足をホールドにのせています。ダイアゴナルの方が楽で多用しやすいムーブです。

アウトサイドフラッギングの難しさは「いつ使うか」

アウトサイドフラッギングは、いつ使うかが難しいムーブですが、
大まかに使い分けると以下の3通りだと思います。

  • ホールドをクロスで取りにいく時。
  • ホールドをマッチする時。(ホールドに手を寄せる時)
  • フラッギングの推進力を使って遠いホールドを取に行く時。(サイファー)

ここぞという時に使うムーブなので、しっかりと反復練習を行っていつでも使えるように準備しておくべきムーブと言えます。

クライミングでのアウトサイドフラッギングの動画まとめ

アウトサイドフラッギングを連続で行っているクライミング動画です。このような練習を、日々のクライミングで取り入れると上達も早いです。

F-STYLEさんのクライミング動画で、プロクライマーの杉田雅俊さんのアウトサイドフラッギング解説動画です。かなり細かくアウトサイドフラッギングの説明がされていますので、練習の指針にしましょう。

海外のムーブ解説動画です。インサイドフラッギングとアウトサイドフラッギングを使い分けて登っています。失敗ムーブと成功ムーブの比較があり、かなり丁寧に解説されていますので何度も見て練習しましょう。

こちらも海外の動画です。インサイドフラッギング・アウトサイドフラッギング・キョンを動画で見ることができます。非常にムーブがきれいなので、お手本として参考にしやすい動画です。

合せて読みたいクライミング記事