クライミングのデッドポイントのコツと動画|あの1手を確実に取る

デッドポイントは、高難度のルート(課題)を効率よく登るためのクライミングムーブテクニックです。あまり使われない方もいるかもしれませんが、是非多様していきたいムーブです。

デッドポイントは勢いで行く!というのは実は間違いで、テクニックだからこそコツがあります。ただやみくもにホールドに飛びつくだけでは成功できません。

クライミングにおけるデッドポイントを使うタイミング

  • 細かく持ちにくいホールドが連続し、ムーブを組み立てる余裕がない時
  • 右手・左手とも保持するのが難しいが、次のホールドが持ちやすそうな時
  • フットホールドが高い位置にあり、足にしっかり重心がかかる時

オブザベーションの時点で、細かいホールドが連続していて、途中にガバや持ちやすそうなホールドがある場合は、デッドポイントを組み込んだほうが効率よく登ることができます。

クライミングにおけるデッドポイントのコツと方法

  • ホールドまでの距離をしっかり見極めて、ホールドを取るタイミイングを予測する。
  • フットホールドにはしっかり重心をのせて、足でしっかりと立つ。
  • 足で立つと同時に片手・または両手を出す。
  • 両手でしっかりとホールドを引きつける。
  • 体が落ちる前に素早く手を出す。

デッドポイントは、一瞬の腕の引きつけで体が壁方向・上方向に動いている間に片手もしくは両手をホールドから離して体が落ちていく寸前の一瞬の無重力状態に次のホールドをとることです。

そのためには、距離とホールドを取るタイミングを予測することが大事です。何度も繰り返して反復練習を行い、デッドポイントのタイミングを体に染み込ませましょう!

クライミングのデッドポイントの動画まとめ

F-STYLEさんの動画です。プロクライマーの杉田雅俊さんがデッドポイントの解説をしてくれています。デッドポイントの練習づくりに、この動画を参考にするといいですよ!

海外のクライミング動画です。スローモーションでデッドポイントの動画の解説を行っています。外国人の優しさを感じます。


様々なシュチュエーションで、デッドポイントの失敗を行っていて、最後にデッドポイントを成功させている動画です。この動画が一番デッドポイントの方法をわかりやすく説明していると思います。

 

 

合せて読みたいクライミング記事