ボルダリングのキョンのコツと動画|足の使い方一つで楽に登れる!

キョンはドロップニーとも呼ばれるボルダリングムーブのテクニックのひとつです。男性よりも女性が多様するテクニックですが、足が使える上手いクライマーもよくキョンを多用しています。

キョンを上手く使うことで登りに安定感が増しますが、あまり多様しすぎるとひざを痛める危険もあるので使いすぎには注意です。キョンはこんな時に使うと有効です!

  • 傾斜が強く、うまく足を立ち込めない。
  • 足を乗せるホールドが縦長のホールドだ。

こんな時、キョン(ドロップニー)を使えば、安定して次のホールドを取ることができます。

キョン(ドロップニー)の方法とコツ

  • 靴底をホールドの側面に当てて、足をひねってひざを下にする。
  • キョンで使っているホールドは、つま先で押す。
  • 左足でキョンをする場合は左手で、右足の場合は右手でホールドを取る。
  • ホールドを取るほうじゃない逆の手は、しっかりと引く。
  • 腰を壁に近づけるイメージで。

キョンは、特に強傾斜で力を発揮するムーブです。下半身を両足でロックして安定感を増し、腰を壁に近づけることによってホールドとの距離を短くする効果があり、マスターすれば恐ろしい武器になることでしょう!

ボルダリングのキョンの方法とコツの動画まとめ

プロクライマーの杉田雅俊さんのキョンの解説です。ちょっと短いですが、要点をまとめた素晴らしい解説です。

海外のクライマーのキョンの解説動画です。これはかなり分かりやすく、最初はキョンと正対での比較もある、かなり分かりやすい動画。その後に、同じルートをキョンで女性が登りますが、腰の角度や足の入れ方など、かなり詳しく動画が解説されています。英語が分からなくても大丈夫ですが、音量だけ注意です!!

こちらは海外の女性クライマーがキョンを行っている動画。短い時間で動画が見れるので、解説よりも動画だけ繰り返し見たい方におすすめです。

合せて読みたいクライミング記事