中級者への道!ボルダリングのヒールフックのコツと動画まとめ

ボルダリング・外岩のクライミングでよく使うムーブテクニックが「ヒールフック」です。
文字通り、かかとをホールドにひっかけるテクニックです。ヒールフックを上手く使うことができれば、周りから「おー!」と言われたり(笑)まさに、中級者への登竜門的ムーブテクニックと言えます。

ヒールフックは、シューズのかかとの形状によるところが大きく、シューズのヒールカップをポイントにシューズ選びをする人も多数いるほどです。

ボルダリングムーブ ヒールフックの主なコツ

  • ひざの内側を壁に入れ込む。(近づける)
  • つま先は立てずに倒しておく。(つま先が外側をむいている)
  • 股関節を開いてガニ股になる。
  • しっかりとヒールフックしている足に体重をのせる。
  • 怖がらない。

筆者自身も、股関節が硬くてなかなか足が上がらずヒールフックが苦手でしたが、しっかりと股関節のストレッチを行って足が上がるように頑張っています。そして、つま先を立てずに、外側に倒すことによってしっかりとヒールフックがかかります。

ホールドのどこがかかとを入れれる場所なのかをしっかりと観察して、
確実にヒールフックを決めましょう!

これで練習!クライミングのヒールフック動画まとめ

世界のユージこと、平山ユージさんのヒールフック解説動画です。短くてちょっと残念ですが、丁寧にヒールフックを解説されています。

海外のクライミング動画です。1:50~ヒールフックの解説がされています。強傾斜の壁の時、傾斜の弱い壁の時の2種類解説がされています!英語がわからなくても、見ればわかりますよ!



この動画は、日本を代表する女性プロクライマー野口啓代さんの試合の動画です。かなりヒールフックを多様してます。ヒールフックがいかに使いどころの多いムーブかがわかります!私もこの動画を見続けてヒールフックのコツを知りました。

動画を見て反復練習!ヒールフックをマスターして中級者になろう!

2014-08-04_204422

これらの動画を見たら、すぐにジムで実践してみましょう。上達のコツは、なによりもムーブの反復練習です。クライミング・ボルダリング上達のコツでもありますが、何といっても股関節の柔軟性は非常に重要です。ヒールフック関しては、足首の柔軟性も重要です。

日々のストレッチをしっかりと行い、ヒールフックをマスターしましょう!!
股関節のストレッチ方法はこちらをご覧ください。

合せて読みたいクライミング記事