上達への必須条件!ボルダリングムーブダイアゴナルのコツと動画

ダイアゴナルは対角線という意味で、カウンターバランスとも呼ばれる、ボルダリング初心者は必ず覚えたい、クライミングの必須ムーブです。本当に大事なムーブで、これができると今まで難しかった課題が楽に登れたりと、上達へのコツになります。ダイアゴナルのコツは、文章でまとめると、以下の通りです。

  • 両腕は必ず伸ばして、ホールドを取りに行く。
  • ホールドは、足をアウトサイドエッジでのせる。
  • 体をねじってホールドを取りに行く。
  • 出した腕と反対側の足が対角線上になるように。
  • 右手を出す時は右足に、左手を出す時は右足に重心を置く。
  • 手を出した逆の足は、スメアリング(壁をつま先につける)を行う。
  • 取りに行くホールドが遠い場合、逆の足はきって伸ばす。
  • 体幹を意識する。

ダイアゴナルを実践することによって、楽に登れるので疲れにくく、長く登ることができます。

クライミングテクニック・ダイアゴナルのムーブ動画まとめ

トップクライマー杉田雅俊さんのダイアゴナル紹介動画です。かなりわかりやすく解説されていますので、何度も見て実践するのをおすすめします。

お子さんが、ダイアゴナルのみで登っている動画です。連続されてダイアゴナルを見ることができるので、かなりダイアゴナルのムーブをわかりやすく見ることができます。途中足が切れる場面がありますが、小さいながらも遠いホールドを持てています。綺麗なダイアゴナルですね!

上のお子さんの動画とは違い、今度のはゆっくりとスタティックにダイアゴナルを使っています。先ほどもそうですが、今回もかなりわかりやすくムーブを使ってくれていますね。この動画の場合、手を出した逆の足はホールドにのせていますが、つま先程度。ベタっと逆の足をホールドにのせないほうが、体重が手を出す方向と同じ足にかかり、うまく体をねじることができます

動画を見て、ダイアゴナルの反復練習をするのが上達のコツ

2014-02-12_130043

これらの動画をみて、ダイアゴナルのみで一度登ってみてください。ムーブを覚えるコツは、何度も反復練習を行うことです。そうすれば、腹筋に力をいれれば体がねじりやすい!とか、ホールドのとりかたをもっと工夫しよう!とか、ホールドに足をのせるときは、つま先の親指側がいいな!とか、色々と分かってくると思います。

ダイアゴナルをマスターすれば、必ずボルダリングはうまくなります!みなさん、反復練習でかならず習得してくださいね!

合せて読みたいクライミング記事