ボルダリングスタイル.com 初心者クライマー応援サイト!

クライミング最新情報から、ジム・外岩まで、ボルダリング初心者のための上達できるボルダリング情報サイト

© ボルダリングスタイル.com 初心者クライマー応援サイト! All rights reserved.

登山だけ?外岩クライミングでアプローチシューズが必要な理由

みなさんは、外岩にクライミングに出かけるときは何を履いていますか?サンダル?スニーカー?実は私もそうでした。スニーカーを履いて外岩に出かけてよく滑って転んだ経験があります(汗)

クライミングのスポットに到着するまでは、ちょっとした山登りです。岩場までの道のりは場所によりけりですが、長く険しい山道を登らなくてはなりません。ときには地面がぬかるんでいたり、ガレ場があったり、岩が突出していたりもよくあります。

ここでは、外岩に行くけどアプローチシューズを履いていない、もしくは必要がないと思っている人にアプローチシューズが必要な理由を紹介します。

アプローチシューズで怪我予防!山道にはアプローチシューズで!

2014-08-02_083000

前述したとおり、山道は地面がぬかるんでいたり、岩が突出していたりなどなど、非常に危険な場所です。山道=危険ということを頭にいれましょう。サンダルやスニーカーを履いて山道を登ると怪我をします。木の枝が足に刺さったり、ぬかるみにはまってこけたり、転んだり・・・最悪の場合骨折や大けがをする可能性だってあります。そうなると、周りのクライマーの人に迷惑がかかったり、最悪の場合外岩中止なんてことにもなりかねません。

アプローチシューズはクライマーが外岩のスポットに行くために作られた専用のシューズです。アプローチシューズの特徴としては

  • ソールが柔らかく足裏感覚が伝わるので滑りにくい
  • 登山靴よりも軽量なので疲れにくい
  • ちょっとしたクライミングもこなせる
  • 履きやすく、脱ぎやすい(脱着がしやすい)

だと思います。岩場を歩いたり、ぬかるみや濡れた地面を歩いたりするのに適しているので、スニーカーのようなツルツルのソールの靴よりも断然滑りにくく足元が安定しています。怪我予防のためにも外岩への山道歩きにはアプローチシューズが適しています。

アプローチシューズは疲れにくい!クライミングで最高のパフォーマンスを発揮できる。

2014-08-02_082919

アプローチシューズの特徴で述べた用に、「登山靴よりも軽量なので疲れにくい」という性質があります。そしてソールが柔らかく、足裏感覚に長けているので山道や岩場を安定して歩くことができます。

岩場までの山道で歩き疲れたらせっかくのクライミングが台無しですよね。クライミングで最高のパフォーマンスを発揮するためにも、山道でも疲れにくいアプローチシューズをおすすめします。

街歩きやハイキングにもアプローチシューズは適しています。

2014-08-02_083225

外岩に使う程度なら、使う機会も少ないしスニーカーで我慢するよー。なんて人もいるんじゃないでしょうか?実はそんなことはないんです。

軽くて疲れにくい、滑りにくいアプローチシューズは、街歩きやハイキングでも軽快に使うことができます。キャンプや自然散策、ハイキングなどをスニーカーを履いて出かけてしまうと、せっかくのスニーカーが汚れてしまったり、足が疲れてしんどい・・・なんて思いをしてしまいます。

アプローチシューズは、外岩の際に使う以外にも、様々なシーンで多様できるので、一足持っていて損はしないんです。

 

 

 

合せて読みたいクライミング記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正対ムーブのコツと基本姿勢|今さら聞けないボルダリングのテクニック

正対ムーブについて。これらはボルダリングの超基本姿勢で、絶対におさえておきたい必須テクニックです。ポイントは「どれだけパワーをセーブできるか…

IFSCクライミングワールドカップ動画を見まくってうまくなろう!

最近、休みの日に滋賀県のクライミングジムのぐっぼるに行ってきたんですが、 ジム内にはモニターがあり、ずっとIFSCクライミングワールドカッ…

ボルダリングジムに週3回!上達のスピードを高める通い方

すっかり暑くなってきましたね。 もうすぐ梅雨入りだそうですが、 皆さんのボルダリングライフはどうでしょうか? 春からボルダリングを…

クライミングが上達しない人のためのアニメで初心にかえるスランプ脱出法

クライミング・ボルダリングに限らず、どんなスポーツでも上達がストップしてしまういわゆる「スランプ」のような状態に誰しも陥った経験はあるはずで…

共感したら即いいね!クライミングあるある集めてみました。

クライミングあるある~生活編~ お風呂に入る前、鏡の前でポーズを決めて筋肉の付き具合を見る。 爪が長いといてもたってもいられ…

ページ上部へ戻る