初心者も覚えたいボルダリング・クライミングのグレード比較換算表

ボルダリング・クライミングの雑誌を見て不思議に思う人も多いと思いますが、ボルダリングには
~級や~段などの「段級グレード」以外に、アメリカ発祥の「Vグレード」やフランス発祥の「フレンチグレード」があります。

これらはお分かりの通り、ボルダリング・クライミングの「難易度」を示したものです。日本の段級グレードなら、簡単な課題から順に10級・9級~初段・二段~六段とグレードが付けられています。ジムだけではなく、外岩の課題にもグレードは付けられています。

海外のクライミンググレード:アメリカのVグレードと、フレンチグレード

海外でも日本と同じく、課題に難易度が付けられています。アメリカの「Vグレード」なら簡単な課題から順にV0,V1~V16と数字が多くなるにつれて難しくなります。

フランスの「フレンチグレード」なら3,4~6,6a,6a+,6b,6b+,6c,6c+~8c+と「数字+アルファベット+プラス」といった難易度の示し方がされています。

10級~1級までのボルダリンググレード対応表

日本

段級グレード

アメリカ

Vグレード

フランス

フレンチグレード

リード

デシマルグレード

5.2
10級 5.3
10級~9級 5.4
9級~8級 5.5
8級~7級 5.6
7級~6級 V0-,V0 3 5.7
6級~5級 V0+,V1 4 5.8
5級 V1 5a 5.9
5級~4級 V1,V2 5b 5.10a
4級 V2 5c 5.10b
4級 V3 6a 5.10c
3級 V3 6a+ 5.10d
3級 V4 6b 5.11a
2級 V4 6b+ 5.11b
2級 V5 6c 5.11c
1級 V5 6c+ 5.11d
1級 V5 6c+ 5.12a
1級 V6 7a 5.12b

なぜ海外のグレードも知っておいたほうがいいの?

ボルダリング・クライミングに熱中すればするほど、雑誌や動画などでボルダリングについて調べたくなるものです。海外のクライミング動画はたくさんあり、グレードの表記もVグレードやフレンチグレードで記述されています。もしあなたがグレードを知らなければ、一体どれくらい難しい課題を行っているのか分かりませんよね?

海外のグレードを知ることによって、無数の海外のクライミング動画の難易度が分かり、雑誌によく記述されているグレードが知れて、よりボルダリングへの理解が深まるんです!

このページをブックマークして、わからなくなったらすぐに確認できるようにするとベターですね!

合せて読みたいクライミング記事