ボルダリングスタイル.com 初心者クライマー応援サイト!

クライミング最新情報から、ジム・外岩まで、ボルダリング初心者のための上達できるボルダリング情報サイト

© ボルダリングスタイル.com 初心者クライマー応援サイト! All rights reserved.

クライミング・ボルダリングで上達しない初心者が陥る6つの特徴

クライミング・ボルダリングを初めて半年や1年、でも最近中々上達しないなぁ・・・。そんな方結構多いんじゃないでしょうか?実際、私も半年目で壁にぶち当たり、中々上達できない日々が続きました。

  • 中々上達できず、日々悶々とジムに行く日々が続いている。
  • モチベーションが中々上がらない
  • 同じ課題にもう数か月もつまずいている
  • もうクライミング・ボルダリングを辞めようかな・・・

こんなこと思っている人がいたら、もしかしたら「間違った練習方法」や「上達できない特徴」に陥っていませんか?是非そんな方に読んで欲しい記事です。

腕に頼ったクライミングばかりで、足を使っていない

2014-03-18_162245

特に、男性に陥りやすい上達しない理由の一つです。ある程度のレベル(5級~4級くらい)までなら、足をあまり使わなくても、完登することができます。どんどん上半身、特に腕ばかりで登っている人は、どんどん筋肉がついて、上達するスピードも最初は速いと思います。

しかし、ある程度うまくなると、必ずといっていいほど壁にぶち当たり、中々上達することができなくなってしまいます。

足を使えば、腕や上半身への負荷を抑えることができ、持久力も長く保つことができます。それ以外にも、足は一番力が強い人間の部位です。パンチよりもキックの方が威力が強いですよね。

足を使えば、重心移動もスムーズに行うことができますし、細かいフットホールドに足を乗せて立ち込めますし、股関節の柔軟性もアップします。今ある腕の筋力と、足を使ったテクニカルなムーブを起こすことができれば、確実により難しい課題を完登することができます。

 

ジムで初心者に教えてばかりで、自分の課題の練習時間が取れていない

2014-03-18_163147

これは、特に中学生のクライマーに多い(私のいたジムでは)上達できない理由の一つです。ジムに来る初心者に教えるのは、非常に気持ちのいいものです。「ありがとう」と感謝されますし、「うまいねー!」と褒められますしね。

しかし、いくら気持ちのいいものとはいえ、初心者にばかり登りかたを教えていては、上達がストップしてしまいます。これは言い過ぎかもしれませんが、初心者に教えるのを常にしてしまうと、人に失敗を見られるのがカッコ悪いと思うようになり、登れる課題ばかり行ってしまう恐れがあります。

こうなっては、上達なんてできるわけないですね。常に、自分の限界に挑戦して、「今日はあの課題を何としても落とすぞ!」という意気込みで、トライするのが一番です。初心に帰ればいいだけなんです。

とはいえ、初心者に教えるのも非常にジム側にとっては嬉しいものです。ジムの雰囲気もよくなり、お客さん同士のコミュニティの幅も広がります^^

クライミングの上手なクライマーの人たちとセッションをしていない

2014-03-18_164717

短時間で上達するコツでも紹介しましたが、ボルダリングの上達するコツとしてかなり効果的な方法は「上級者と積極的にセッションする」ことです。

上級者の輪の中に入るのは、かなりの勇気がいると思います。ですが、思い切って声をかけると、案外「いいですよー。」と快く、輪にいれてくれます。

もしも、自分で言い出しにくい場合は、ジムの店員さんに協力してもらって「うまくなりたいので、上級者とセッションさせて欲しいんですが。」とお願いしてみましょう。店員さんと仲のいい上級者のクライマーが来店したときは、あなたを誘ってくれるでしょう。

メリットとしては、

  • 難しい課題に挑戦すると、自分のやっている課題が簡単に思える
  • 上級者のムーブを、真剣に見る事ができる
  • 上級者から、直にアドバイスがもらえる
  • モチベーションが上がる

などがあります。

ムーブのテクニックを知らない、練習していない

2014-03-18_165726

これは主に、足を使っていない項目に入りますが、ボルダリング・クライミングには多くのムーブが存在します。それらは、より楽に、より上手くクライミングを行うためのテクニックです。ある程度上達した人なら、意識して身に着けて欲しいものです。

  • キョン(ドロップニー)
  • ダイアゴナル
  • アウトサイド(インサイド)フラッギング
  • ランジ(ダブルダイノ)
  • デッドポイント
  • ヒールフック
  • トウフック

などなど、テクニックはかなり色々とあります。他にも、ホールディングのコツやテクニックもあり、挙げるとキリがありませんが、特に「フラッギング」「キョン」は、足を上手く使うクライマーの人は非常に多様するテクニックです。

どういう状態の時に、どのテクニックを使えばいいかを意識して日々練習に励んで行ってみてください。

難しい課題に挑戦せず、心の中では「無理だ、登れない。」を決めつけている

2014-03-18_170426

「無理ですよー。」や言い訳が口癖の人は気をつけて下さい。登れない理由をつけたり、無理だと心の中で思ってしまうのは、上達を停滞させる人の特徴と言えます。たまに、言い訳をしながら自分を鼓舞させる上級者のクライマーもいますが(笑)

心の中で「無理だ」と決めつけて、思ってしまっては上達がありません。あくまでも、「登りたい!登ってやる!」と挑戦する気持ちに、上達やモチベーションアップの極意があると私は思います。

心のベクトルをポジティブな方向に向ければ、クライミングだけでなく、仕事やプライベートでも、よりよい結果を招き、導くことになります。

 

クライミングのモチベーションを保つための行動をしていない

2014-03-18_171944

  • クラミング・ボルダリング雑誌を読む
  • 外岩に行く
  • クライミング・ボルダリング動画を見る
  • セッションを積極的に行う

などなど、クライミングのモチベーションを保つために、様々な行動をすることができます。クラミング・ボルダリングを上達するためにも、モチベーションを保つことは、非常に重要です。(個人的には、上達のための最も重要な要素だと思います。)

なので、そのための努力を惜しんではいけません。勿論、お金がかかることもあるでしょう。ですが、少しでも上達できるためなら、なんだってする!くらいの意気込みがなければ、中々壁を破ることができません。

上手くなった自分が想像しつつ、ボルダリングをより楽しむために、↑の4つは是非行いましょう。動画に関しては、モチベーションがアップするボルダリング動画でも紹介していますので、是非見てみてください。

ボルダリングの上達方法、上達しない人の特徴まとめ

  • 足を積極的に使おう!
  • 教えてばかりではなく、自分の課題に打ち込もう!
  • 積極的に上級者のクライマーとセッションしよう!
  • 状況・シーン別に、使えるムーブを体得しよう!
  • 登りたい!登ってやる!の意気で、果敢に挑戦しよう!
  • クライミングのモチベーションを保つ努力をしよう!

これらのことを、くじけそうなとき、モチベーションが下がり始めたときにもう一度目を通して、あなたのボルダリング・クライミングライフ向上のために役立ててくだされば、私としては、本当に本望です。

今日も、ジム・外岩で思いっきり頑張ってください!楽しんで^^

合せて読みたいクライミング記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

正対ムーブのコツと基本姿勢|今さら聞けないボルダリングのテクニック

正対ムーブについて。これらはボルダリングの超基本姿勢で、絶対におさえておきたい必須テクニックです。ポイントは「どれだけパワーをセーブできるか…

IFSCクライミングワールドカップ動画を見まくってうまくなろう!

最近、休みの日に滋賀県のクライミングジムのぐっぼるに行ってきたんですが、 ジム内にはモニターがあり、ずっとIFSCクライミングワールドカッ…

ボルダリングジムに週3回!上達のスピードを高める通い方

すっかり暑くなってきましたね。 もうすぐ梅雨入りだそうですが、 皆さんのボルダリングライフはどうでしょうか? 春からボルダリングを…

クライミングが上達しない人のためのアニメで初心にかえるスランプ脱出法

クライミング・ボルダリングに限らず、どんなスポーツでも上達がストップしてしまういわゆる「スランプ」のような状態に誰しも陥った経験はあるはずで…

共感したら即いいね!クライミングあるある集めてみました。

クライミングあるある~生活編~ お風呂に入る前、鏡の前でポーズを決めて筋肉の付き具合を見る。 爪が長いといてもたってもいられ…

ページ上部へ戻る