ボルダリング上達への道|コツは、積極的に難しい課題に挑むこと

ボルダリングジムで、どんなメニューで練習を行っていますか?登れる課題ばかり登って、登った気でいませんか?ちょっと登るのが難しいなくらいの課題ばかり登っていませんか?登れる課題・登るのが難しい課題ばかり挑んでいてはいつまでも上達はできませんよ!

勿論苦手なホールドや苦手なムーブを反復練習することも、上達への必須トレーニングですが、
かなり大事なボルダリング上達のコツは、「全然できそうな課題に挑戦する」ことです。

上手い人のセッションに、果敢に加わろう。

2014-02-12_125721

あなたの現段階でのグレードが「5級」なら、3級や2級の課題をガンガンやってみましょう!とはいえ、一人だとかなり心細い上に、オブザベーションの段階から、「こんなのどうやって登るんだ・・・」とか「ムーブが全然見えてこない・・・」なんて事になってやる気はみるみるなくなっていくと思います。

そこで重要なのが、「ボルダリングが上手い人とのセッションに、積極的に加わること」です。ボルダリングが上手い人のムーブをしっかりと観察しましょう。

  • 体のどこを使って登っているのか
  • ホールドのどこを持って登っているのか
  • 体の重心はどこにあるのか
  • ムーブはどうやって起こしているのか

などを観察し、自分のフィルターを通して、がんばって実践してみましょう。

 

自分の足りない物が見えてくれば、あなたは更に上達できます!

2014-02-12_130043

そうすればおのずと、自分に足りないものが見えてくるはずです。「保持力が足りないな」とか、「体の使い方がなってないな」とか「ムーブの起こし方がなってないな」とか、いっぱい見えてきます。

あなたに足りないものが、自分で見えてくれば、あなたはもっと上達することができます!そして、今実践している課題が、簡単に感じることができます。

「あの時○○さんとセッションした時のムーブやホールドに比べると、簡単だぞ!」と絶対思えてくるはず。

日々の、ボルダリングジムでのトレーニング、頑張ってください^^

合せて読みたいクライミング記事