ボルダリングスタイル.com 初心者クライマー応援サイト!

クライミング最新情報から、ジム・外岩まで、ボルダリング初心者のための上達できるボルダリング情報サイト

© ボルダリングスタイル.com 初心者クライマー応援サイト! All rights reserved.

自宅で鍛える、ボルダリングを上達させる筋トレ方法を動画で解説!

ボルダリングを上達させるために必要な筋肉をご存じですか?握力や腕の力が必要と思う方もいると思いますが、実はそんなことはないんです。

ボルダリング上達のために必要な筋肉は「指の筋肉」「広背筋」です。

指の筋肉を鍛えるボルダリングでのメリット

こんなホールドどうやって持てばいいの!?なんてことは、ボルダリングをやっていれば誰しもが経験することですよね。持てないホールドを持てるようになるには、一番手っ取り早いのが保持力を向上させることです。保持力を向上させるためには、「指の筋肉」が必要です。

できるだけ長い時間、ジムで登るのが上達への近道ですが、自宅でも指力を向上させることが可能です。

この動画は、瓦にひもをくくりつけて、指だけで持ちあげています。瓦じゃくても、ペットボトルに水や砂を入れても代用できます。かなり指に負荷がかかるので、ゆっくりやりましょう。指が怪我をしてしまっては意味がありませんしね^^;
「人差し指+中指」「中指+薬指」「薬指+小指」
の2本セットでやりましょう。

 

広背筋を鍛えるボルダリングでのメリット

ボルダリングが上手い人の背筋を見ると、僧帽筋や広背筋がかなり発達しています。その中でも、広背筋は、胸から腰にかけた下方の三角形をなす筋肉です。広背筋を鍛えれば、保持したホールドを引き付けることができ、デッドポイントや、次のホールドを持つのが非常に有利になります。

懸垂の動画ですが、懸垂は非常に有効なトレーニング方法です。効率よく広背筋だけじゃなく、指力のアップ・様々な背中の筋肉を鍛えることができます。動画ではかなり早く行っていますが、最初はゆっくりで大丈夫です。アゴが手につくぐらいしっかりと腕を曲げて上がりましょう。

公園の鉄棒などでも行えるので、気軽に始めれるトレーニング方法です。

 

ジムでもホールドを使って、同じトレーニングを行いましょう。

ジムでもホールドを使って同じトレーニングが行えます。懸垂なら、ガバホールドを持って行えますし、指力なら、ポケットホールドなどを使って鍛えられます。ですが、勿論やりすぎは禁物!しっかりと筋肉を休めながら、急速を十分とって行いましょう^^

合せて読みたいクライミング記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

正対ムーブのコツと基本姿勢|今さら聞けないボルダリングのテクニック

正対ムーブについて。これらはボルダリングの超基本姿勢で、絶対におさえておきたい必須テクニックです。ポイントは「どれだけパワーをセーブできるか…

IFSCクライミングワールドカップ動画を見まくってうまくなろう!

最近、休みの日に滋賀県のクライミングジムのぐっぼるに行ってきたんですが、 ジム内にはモニターがあり、ずっとIFSCクライミングワールドカッ…

ボルダリングジムに週3回!上達のスピードを高める通い方

すっかり暑くなってきましたね。 もうすぐ梅雨入りだそうですが、 皆さんのボルダリングライフはどうでしょうか? 春からボルダリングを…

クライミングが上達しない人のためのアニメで初心にかえるスランプ脱出法

クライミング・ボルダリングに限らず、どんなスポーツでも上達がストップしてしまういわゆる「スランプ」のような状態に誰しも陥った経験はあるはずで…

共感したら即いいね!クライミングあるある集めてみました。

クライミングあるある~生活編~ お風呂に入る前、鏡の前でポーズを決めて筋肉の付き具合を見る。 爪が長いといてもたってもいられ…

ページ上部へ戻る