筋トレが続かない男性の方へ|ボルダリングで簡単にマッチョになれる

筋肉を付けたい!体を引き締めたい!と思って、筋トレや、スポーツジムに通っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?それで、理想的な筋肉を手に入れた人は素晴らしい!と言いたいです。実際、筋トレやスポーツジムは、楽しめる要素が少なく、単調な作業に嫌気がさす人も多いはず。それもそのはず、ほとんどやることが反復作業だから、飽きても仕方がないんです。

ボルダリングは、楽しんで身体を鍛えることができるので、続けられるし、バランスの取れたマッチョな筋肉を手に入れることができます。

 

ボルダリングは体全体の筋肉を使う総合的な運動です

 

imgres-3

ボルダリングは、腕はもちろんですが、腕・腹筋・背筋・腰・足まで全身をフルに使う運動です。自分の体重を支えるために、バランスを考えながら体を動かすので、腕だけじゃなく、全身の筋肉が鍛えられます。ボルダリングでは、筋肉の中でも「インナーマッスル」と言われる内側の筋肉を鍛えることができます。インナーマッスルを鍛えることにより、太りにくい体になり、骨盤を正常に戻してプロポーションや姿勢をよくする効果もあります。

ホールドを手で掴みに行く時、ホールドに足を掛けて遠くのホールドを取りに行く時など、必然的に体を大きくひねる動作をしなければいけないときがあります。このひねりの運動が普段使わない筋肉を使い、結果鍛えることになります。

クライマーの人は、無駄な脂肪のとれた、細マッチョの人が多いです。やはり、インナーマッスルが鍛えられている結果だからでしょうね。もしあなたがムキムキのマッチョになりたいのなら、プロテインを飲むことをオススメします。すごいムキムキになることができますが、ボルダリングする際に、体が太くなると邪魔になるかもしれません(笑)

 

ボルダリングは楽しみながら筋トレ以上の効果が期待できます

2013-12-12_180019

実は、ボルダリング経験者のクライマーの人に、「普段筋トレをしていますか?」と質問した際、みんな口をそろえて、「筋トレはする必要がない」と言います。筋トレをする時間があるなら、ジムにいってボルダリングをするそうです。

ボルダリングには、様々な難易度の課題があります。課題を成功したときには、大きな達成感があり、もっと登りたいと思う向上心が生まれてきます。ボルダリングジムに2か月も通えば、必ずジム友達ができるでしょう。そうなれば、一緒に登り合ったりすることもしばしばあります。本当に楽しみながら、筋トレ以上に筋肉を鍛えることができます。

ボルダリングは一人でやる競技なので、マイペースで自分のライフスタイルにあってすることができます。最近夜23時まで空いているジムも多いので、仕事帰りにボルダリングジムに通う人もかなり増えています。

 

合せて読みたいクライミング記事