ボルダリングスタイル.com 初心者クライマー応援サイト!

クライミング最新情報から、ジム・外岩まで、ボルダリング初心者のための上達できるボルダリング情報サイト

© ボルダリングスタイル.com 初心者クライマー応援サイト! All rights reserved.

絶対持っていきたい外岩でボルダルングをするための持ち物

ジムでのボルダリングに慣れると、どんどん行きたくなってくるのが外岩でのボルダリング。しかし、ジムに比べると危険度はけっこう高まります。岩場にもルールやエチケットがありますし、怪我をしないためにもより注意深くしなければいけません。

しかし、大自然に囲まれながら行うボルダリングは本当に最高!独特の解放感や、自然の岩からホールドを見つける楽しみ。名前の付けられた課題には、それぞれグレードが設定されていて、課題を落とせば自他ともに認める「○級クライマー」としてグレーディングできます。外岩でのグレードは、いわばクライマーの実力が分かる共通言語なんです。

そんな楽しさいっぱいの外岩には、しっかりと万全の準備で臨みたいもの。ここでは、外岩で絶対に持っていきたい持ち物や道具を紹介します!

 

持っていかなければボルダリングができないもの

 

クライミングシューズ

当然ですが、クライミングシューズです(笑)

1足だけでも問題はないですが、外岩のアプローチに対応するために2~3足持っていく人が多いです。そして、クライミングシューズにもしもの時があった時にも対応できますよ!

 

チョーク

これもなくちゃ話になりません(笑)

ブロックチョークがあると、持てるホールドのしるしが使えるので便利ですよ。液体チョークを使う場合は、松脂入りのものは避けましょう。ホールドに残留してしまい、ブラッシングや雨などでも落ちません。避けましょうというより、使用はやめましょうね!

 

クラッシュパッド(マット)

私たちの落下から体を守ってくれる必須アイテムです。大きくて、持ち運びも大変ですが、できれば買ってひとつは持っておきたいものです。もし、同行する方にマットを借りるのであれば、前もって借りる旨を伝えましょう。ボルダリングは自己責任が鉄則、必ず自分で用意しないと、自分の体を守ることができませんよ。ちなみに、御岳や小川山などの岩場には、レンタルしてくれるところもあるので、それを狙ってもいいかもしれません。

 

ブラシ

チョークが付きすぎてフリクションが悪くなったところや、登り終えたあと、岩のチョークを最後に落とす際に必要なのがブラシです。ジムでは備え付けのものがありますが、外岩にいくとなれば、自分で用意する必要があります。とはいっても、歯ブラシやちょっと大きめのブラシがあれば十分です。ただし、岩を傷つけないためにも金属製のブラシはNGです!

 

ブラシを伸ばす棒

手の届かないところのチョークを落とすためにも、ブラシを伸ばすための棒を自作しましょう。簡単につくることができますよ。

 

玄関マット・足ふきマット

主に、クライミングシューズのソールについた汚れや泥をとるために使います。泥などでソールを汚したまま岩に登るとかなり怒られますよ。かならず、岩に登る前にシューズの裏の汚れや泥をしっかりと落としましょう。

 

レジャーシート

クラッシュパッドの下に敷いたり、荷物を置くために使います。これがあるとかなり便利です。クラッシュパッドも汚れませんし、荷物置きの場所も確保できます。岩場でご飯を食べるときにも利用できるので、非常に便利です。

 

サンダルやクロックス

いちいちアプローチシューズを脱いで、クライミングシューズを履いて、アプローチシューズを履いて、を繰り返すのはかなり面倒です。なので、サンダルやクロックスがあるとかなり便利です。シューズの上からサンダルも履けるので、登り始めるまでシューズが汚れませんよ。

 

絆創膏や消毒液などの救急キット

外岩での擦り傷や出血は日常茶飯事です。出血したまま岩に登ると、岩に血が付着してしまうので厳禁です。他の同行する人のためにも、持って行っておきたいアイテムですね。

 

ヘッドライトや懐中電灯・ランタン

特に冬場は、夕方の17:00にもなると、日没で辺りは真っ暗になります。暗くなるまで外岩にいる場合は必ず明かりになるものを持っていきましょう。ゴミや忘れ物の放置はマナー違反ですし、暗い状態でのアプローチは非常に危険です!替えの電池も忘れずに!

合せて読みたいクライミング記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

正対ムーブのコツと基本姿勢|今さら聞けないボルダリングのテクニック

正対ムーブについて。これらはボルダリングの超基本姿勢で、絶対におさえておきたい必須テクニックです。ポイントは「どれだけパワーをセーブできるか…

IFSCクライミングワールドカップ動画を見まくってうまくなろう!

最近、休みの日に滋賀県のクライミングジムのぐっぼるに行ってきたんですが、 ジム内にはモニターがあり、ずっとIFSCクライミングワールドカッ…

ボルダリングジムに週3回!上達のスピードを高める通い方

すっかり暑くなってきましたね。 もうすぐ梅雨入りだそうですが、 皆さんのボルダリングライフはどうでしょうか? 春からボルダリングを…

クライミングが上達しない人のためのアニメで初心にかえるスランプ脱出法

クライミング・ボルダリングに限らず、どんなスポーツでも上達がストップしてしまういわゆる「スランプ」のような状態に誰しも陥った経験はあるはずで…

共感したら即いいね!クライミングあるある集めてみました。

クライミングあるある~生活編~ お風呂に入る前、鏡の前でポーズを決めて筋肉の付き具合を見る。 爪が長いといてもたってもいられ…

ページ上部へ戻る