ボルダリングスタイル.com 初心者クライマー応援サイト!

クライミング最新情報から、ジム・外岩まで、ボルダリング初心者のための上達できるボルダリング情報サイト

© ボルダリングスタイル.com 初心者クライマー応援サイト! All rights reserved.

ボルダリングの難易度のお話|ボルダリングにはグレードがあります!

グレードは、ボルダリングの課題の難易度を示すために、課題に対してつけられるものです。クライミングや、ボルダリングの雑誌を見ていると、「6a」とか「V3」とか「初段」という感じに、難易度・グレードが書かれています。~級とか~段なら、日本人には馴染みがあるので感じはつかめますが、数字にアルファベットが書かれたグレード表示はいまいちよくわからないですよね。

実は、それぞれの国、クライミングの各種目によって、難易度の単位が違うんです。世界的には、数字とアルファベットの組み合わせ(5aとか7c+など)が良く見られますが、オーストラリアでのグレード表記は、数字のみ。日本では馴染みある、「級・段方式」を採用しています。

8級~7級ぐらいは、初心者の入門的グレードで、6級~1級くらいまでは、中級的なグレード。初段になると上級者の仲間入りといった感じです。とはいっても、初段といっても、難易度に非常に幅があるので、「やさしめの初段」だとか「むずかしめの初段」なんか言われる課題が多く存在しています。最近では、「+や-をつけて標記されることがよくあります。

ちなみに、~級・段は、日本のグレード表示

3+や5aなど、数字とアルファベットがついているのが、フランスのフォンテーヌブローシステムというグレード表示

頭にVがつくのが、アメリカのVシステムといわれるグレード表示です。

 

 

2013-12-11_173000

 

 

合せて読みたいクライミング記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

正対ムーブのコツと基本姿勢|今さら聞けないボルダリングのテクニック

正対ムーブについて。これらはボルダリングの超基本姿勢で、絶対におさえておきたい必須テクニックです。ポイントは「どれだけパワーをセーブできるか…

IFSCクライミングワールドカップ動画を見まくってうまくなろう!

最近、休みの日に滋賀県のクライミングジムのぐっぼるに行ってきたんですが、 ジム内にはモニターがあり、ずっとIFSCクライミングワールドカッ…

ボルダリングジムに週3回!上達のスピードを高める通い方

すっかり暑くなってきましたね。 もうすぐ梅雨入りだそうですが、 皆さんのボルダリングライフはどうでしょうか? 春からボルダリングを…

クライミングが上達しない人のためのアニメで初心にかえるスランプ脱出法

クライミング・ボルダリングに限らず、どんなスポーツでも上達がストップしてしまういわゆる「スランプ」のような状態に誰しも陥った経験はあるはずで…

共感したら即いいね!クライミングあるある集めてみました。

クライミングあるある~生活編~ お風呂に入る前、鏡の前でポーズを決めて筋肉の付き具合を見る。 爪が長いといてもたってもいられ…

ページ上部へ戻る