クライミングシューズってどんな靴?|種類と特徴を知ろう!

ファイブテン ローグ

クライミングシュ-ズは、クライミング・ボルダリングを行う際には必須のすごく大事なアイテムです。細かいフットホールドや、岩場に足を乗せるために、滑りにくく、足に力を伝えやすいように設計されています。クライミングシューズのソール(靴の底)は、普通の靴と違い、ほとんどがフラット(平面)です。普通の靴は、ゴツゴツしてますよね。ソールも各メーカーが考えに考え作り出した特殊なゴムで、硬いものから柔らかいものまで、いろいろあるんです。

 

クライミングシューズの種類

 

スリッパタイプ

2013-12-11_151744

脱着のしやすいタイプのクライミングシューズで、足になじみやすいのが特徴です。初めて履くときは、力が必要ですが、慣れればスイスイと着脱できるようになります。主に、ジムでのボルダリングで履いたり脱いだりを多くするときはすごく便利です。ですが、ベルクロやレースアップのように、締め付けるパーツがないので、使い込んでいくうちに靴が伸びてしまうと、サイズの調整が効きません。なので、サイズ選びが難しくなります。ヒールフックのとき、脱げやすいです。

 

ベルクロタイプ

ファイブテン ローグ

スリッパタイプの着脱の良さに、ベルクロによるサイズ調整機能がついたタイプです。フィット感もよく、スリッパやレースアップタイプよりも履きやすいのが特徴です。ベルクロタイプのシューズに、ベルクロは2本~3本しかついていないので、締め付けたいところが締まらないなんてこともよくありますが、一番人気のあるシューズタイプだと思います。

 

レースアップタイプ

2013-12-11_161822

スリッパタイプ・ベルクロタイプよりも高いフィット感が特徴です。靴ひもで、きつく締めたりゆるく締めたりと、自分の足型にあった細かい調整が可能なのが魅力的です。一般的に履きにくい、めんどくさいといったイメージが高いですが、靴ひももゆるめれますし、履きやすいという人もいます。登っている最中に、靴ひもがほどける可能性があり、トウフックの際、靴ひもが邪魔になることもしばしばあります。

 

これらの特徴を理解して、自分が履きやすいクライミングシューズのタイプを決めましょう。とはいえ、実際にクライミングシューズを購入する時は、どんどん試し履きをしてみて、自分にあったタイプを選ぶのがベスト!色んなタイプのシューズを履いて、自分にあったクライミングシューズを探しましょう。

 

 

合せて読みたいクライミング記事