脱初心者のためのボルダリングをする時に自分で買いたい必要なもの

ボルダリングジムに行く際、ジムに行けば、クライミングシューズやチョーク(すべり止めの粉)をレンタルすることが可能です。ですが、土日などジムが混雑しているとき、自分にあったサイズのレンタルシューズがなくなっていたり、レンタルチョークが借りれなくなったなんてこともあります。

 

ボルダリングで必要なもの

クライミングシューズ チョークボールとチョークバッグ クライミングパンツ

クライミングシューズ

これがなければ、ボルダリングを100%楽しむことができない必須アイテムです。クライミングシューズの底は、ソールという「滑りにくいゴム」が貼られています。ボルダリングでは、小さいホールドに足を乗せなければいけないので、普通の室内用のシューズでは、どうしても滑りやすくなってしまい大変危険です。クライミングシューズは、足の実寸よりも小さいサイズを選ぶので、初心者の方は、最初履くのにやや抵抗があると思いますが、自分にあったクライミングシューズを用意することで、よりボルダリングを楽しむことができます。

クライミングシューズの選び方はコチラの記事をご覧ください。

 

チョーク(すべり止め)・チョークバック

ボルダリングに汗は大敵!持てる面積が小さいホールドをつかむ際、汗をかいているとすぐに滑ってしまいます。チョークは、すべり止めのために使うアイテムです。すべり止めといっても、実際は手の汗を吸い取るのが大きな役割です。汗を抑えるために、チョークを使用します。チョークを入れる布製の入れ物をチョークバックと言います。

チョークには、液体や粉末、固形など様々なタイプがありますが、室内のボルダリングジムでは、チョークボールをお勧めします。チョークボールは、粉末状のチョークを巾着袋に入れたタイプです。ほとんどのボルダリングジムでは、チョークボールの使用を勧めており、チョークが飛び散りにくく、一度購入すれば、巾着の中に粉末チョークをつめかえることができます。

 

動きやすい服装

ボルダリングは全身を使うスポーツ。できるだけ動きやすい服装を心がけたいものです。ストレッチ性のない、ジーパンなどだと、動きづらくて仕方ないと思います。

ボルダリングを行う上で重要なのが、パンツです。破れにくいタフな素材で、足の動きを妨げないストレッチ性をもったものがよいでしょう。

「THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)」や「Columbia(コロンビア)」、「Mammut(マムート)」など、アウトドアの有名ブランドのものは非常に良いですが、値段も結構するので案外ユニクロやGUのストレッチパンツで行っている人が多いです(笑)

 

この3点を用意すれば、あなたも立派なクライマー!

2013-08-06_175639

クライミングシューズやチョークは、ボルダリングを行う際の必須アイテムです。できるだけ早く自分で用意してボルダリングを行いたいものです。チョークバックにも、クライミングシューズにも、様々なデザインのものが多くあるので、自分のお気に入りのデザインのアイテムを見つければ、ボルダリングへの愛着や向上心もより一層大きくなりますよ!

合せて読みたいクライミング記事